🇬🇧 Echo & The Bunnymen (エコー&ザ・バニーメン)

レビュー作品数: 2
  

スタジオ盤

Crocodiles (クロコダイルズ)

1980年 1stアルバム

 英国リヴァプール出身のポストパンクバンド、エコー&ザ・バニーメン(通称エコバニ)。「エコー」と名付けられたドラムマシンを用いていたことがバンド名の由来だそうです。どうしてもアニメ『TIGER & BUNNY (通称タイバニ)』を連想してしまうのですが、命名に何か影響を与えたのでしょうか?笑
 イアン・マッカロク(Vo)、ウィル・サージェント(Gt)、レス・パティンソン(B)と件のドラムマシンで1978年に結成。後にピート・デ・フレイタス(Dr)を迎えて本作でデビュー。エコバニはネオサイケというジャンルの開拓者として知られます。一部でネオサイケ御三家とかリヴァプール御三家とか呼ばれているみたいですが、御三家に挙がるバンド名が人によってまちまちなので、あまりメジャーな括り方ではないのでしょうかね。

 楽曲ごとにプロデューサーが異なり、ビル・ドラモンド、デイヴィッド・バルフ、イアン・ブルーディーという名が連なります。
 オープニング曲は「Going Up」。イントロからひんやりと冷たくも神秘的なサウンド。そこからスリリングなドラムがフェードインしてきて始まります。全体的に陰鬱な雰囲気ですが、エフェクターによって音像のぼやけたギターが浮遊感を演出します。イントロから陰鬱な「Stars And Stars」を挟んで、「Pride」ではエッジの効いたギターのカッティングがカッコよく、またベースも唸っています。シロフォンが神秘的な雰囲気を作り出します。続く「Monkeys」はメロディアスな1曲。そして表題曲「Crocodiles」は疾走曲。ベースとドラムがグルーヴ感を生み出し、ギターのカッティングがザクザクと切り込んでくる、疾走感もあってスリリングな1曲です。タイトルを背負うだけあってこれが一番良いと思います。「Rescue」は独特のメロディラインが印象的です。変なメロディなのに妙に耳に残るという不思議。「Villers Terrace」は哀愁を纏ってメロディアスな楽曲。鍵盤の音色が綺麗です。幽玄なイントロで始まり、ダークさを醸しながらもロックの熱量を感じられる「Pictures On My Wall」等が続き、ラスト曲「Happy Death Man」は混沌とした印象ですね。でもメロディがキャッチーで耳に残ります。

 1980年代特有の、エコーの効いたサウンド処理は空間の広がりを見せますが、同時に寒々しい印象を持ちます。全体的に暗くて冷たい感じ。ただ、新鋭バンドにしては洗練されています。
 当時はU2と比較され、U2よりもエコバニの方が人気が勝っていたそう。今や世界有数のロックバンドまでのしあがったU2とは大差をつけられてしまいましたが。

Crocodiles
Echo & The Bunnymen
 
Porcupine (ポーキュパイン(やまあらし))

1982年 3rdアルバム

 全英2位を獲得した、人気絶頂期の作品です。
 アイスランドで撮影された寒々しいジャケット写真。楽曲も冷たさの中に美しさを感じさせるものが多いです。ライバル的な存在のU2もその後「New Year’s Day」で雪中のPVを見せますが、影響を与えたんでしょうか。イアン・ブルーディーのプロデュース作。

 「The Cutter」で開幕。エスニックなイントロに不思議な魅力を感じます。そしてうねるベースとタイトなドラムに、切れ味の鋭いギターが目立つ。ギターはカッティングで空間を切り裂くだけでなく、間奏では幻想的な空間を演出します。間奏の壮大でキャッチーなシンセサウンドも魅力的。疾走曲「The Back Of Love」もキャッチーで魅力的な1曲。スリルを生み出すチャカチャカと軽快なギターカッティング、グルーヴィなベースと高揚感を煽るドラム。また、イアンのアツい歌唱はU2に通じるものがあって、U2が好きな人にはたまらないかと思います。間奏のシロフォンが印象的な「My White Devil」、寒々しさと疾走感を合わせ持つ「Clay」等を挟んで、表題曲「Porcupine」。中東のようなエスニックな要素を持ちつつも、それら音楽から連想されるような砂漠のような暑い感じはなくて、どこかひんやりとした感触で神秘的です。美しいアコギから一転してアグレッシブな演奏が始まる「Heads Will Roll」は、アコギとエレキの絡みが美しいです。これも非西洋的な異国の雰囲気。そして「Ripeness」が後半際立つ1曲です。軽快なカッティングがとても爽快な疾走曲で、緊張感があります。エスニックな、どことなく妖しさのあるメロディも光ります。美しさとノイジーな不快音を合わせ持つ「Higher Hell」に続き、「Gods Will Be Gods」はトリップ感というか中毒性のある1曲です。同じフレーズが繰り返され、どんどんテンポアップしていきますが、高めて高めて、ラストはバッサリ終わるという。ラスト曲「In Bluer Skies」はハンドクラップが軽快に鳴りますが、楽しげな雰囲気ではなくて儀式のような神秘的な感じがします。メロディも耳に残りますが、どこか怪しい印象です。

 キャッチーな「The Cutter」や「The Back Of Love」を携えた、エコバニの傑作と名高い作品です。ワールドミュージックも取り入れてエスニックな雰囲気を纏いながらも、ひんやりとして冷たい空気が全体を覆っています。

Porcupine
Echo & The Bunnymen
 
 
 類似アーティストの開拓はこちらからどうぞ。