🇬🇧 Cocteau Twins (コクトー・ツインズ)

レビュー作品数: 3
  

スタジオ盤

Garlands (ガーランズ)

1982年 1stアルバム

 コクトー・ツインズはスコットランドのポストパンクバンドで1979年に結成。ロビン・ガスリー(Gt)、ウィル・ヘッジー(B)がバンドを結成し、後に「天使の歌声」と称されるエリザベス・フレイザー(Vo)が加わります。ジョイ・ディヴィジョンやセックス・ピストルズ、スージー・アンド・ザ・バンシーズらに影響を受けたといいます。
 本作はアイボ・ワッツ・ラッセルとコクトー・ツインズによるプロデュース。

 オープニング曲「Blood Bitch」から影のあるダークな雰囲気に包まれています。歪んでノイジーなギターに地を這うようなベース、そして靄のかかったようなはっきりしないサウンド。そこにフレイザーのアンニュイなボーカルが、独特の浮遊感と心地良さを生み出しています。続く「Wax And Wane」は打ち込みドラムが無機質なリズムを刻み、強烈なベースが低音を響かせ、歪んだギターははっきりと主張せず、これらの組合せによってダークな雰囲気を生み出します。不穏なサウンドに、意図的に声を震わせるボーカルもダークさを助長します。不気味な1曲です。「But I’m Not」はやや速いテンポですが、サウンドがあまりに陰鬱でピリピリとした緊迫感が漂います。メランコリックなボーカルも、呟くような歌から時に声が裏返って、この緊迫感を更に高めています。ポストパンクって、こう内省的でありながらもトゲトゲしてるバンドが多いイメージです。「Blind Dumb Deaf」はエコーが強烈に効いたドラムが印象的。暗鬱な世界観も含めてジョイ・ディヴィジョンの影響を強く感じます。ボーカルや重ねたコーラスにもエコーを掛けて、幻覚のような揺さぶりをかけてきます。続く「Shallow Then Halo」は静かで暗鬱なサウンド。そしてファルセット混じりの独特のボーカルは幻想的。終盤に向けて歪んだギターがじわりじわりと恐怖感を生み出します。「The Hollow Man」はグルーヴ感のあるベースが際立ちます。淡々としていますが、ヘタウマなボーカルに不思議な魅力を感じます。後半は叫び声のようなエコーをかけてかなり不気味です。そして表題曲「Garlands」。場違いにダンサブルなリズムが空回りする、ノイジーで暗鬱なサウンド。そしてひたすら反復するダウナーな歌メロは、良くも悪くも耳にまとわりつきます。歌声が魅力的なので良い意味での中毒性があると思っていますが、病み気味の楽曲は気を抜くと呑み込まれてしまいそうです。ラスト曲「Grail Overfloweth」はダークで浮遊感があります。暗闇をゆったり漂うような感覚で心地良いですが、最初から最後までダークな雰囲気が晴れることはあれませんでした。

 淡々として暗鬱なサウンドはエコーが効いて掴みどころがなく、底無しの暗闇に引きずり込まれるような錯覚に陥ります。不気味なジャケットアートが描くとおりの世界観ですね。そんな中で救いとなるのはエリザベス・フレイザーの唯一無二の幻想的な歌声。ヘタウマな感じですが、アンニュイで時折ファルセットを交えるボーカルスタイルはとても魅力的です。

Garlands
Cocteau Twins
 

Heads Over Heels (ヘッド・オーヴァー・ヒールズ)

1983年 2ndアルバム

 ウィル・ヘッジー(B)が脱退し、ロビン・ガスリー(Gt)とエリザベス・フレイザー(Vo)の2名体制となってしまったコクトー・ツインズ。アルバム前半は前作の路線を継承していますが、後半は試行錯誤したのか音楽的な広がりを見せます。ジョン・フライヤーとコクトー・ツインズのプロデュース。

 「When Mama Was Moth」で開幕。初っ端から強烈なエコー処理を施された歪んだサウンドで、ホラー映画の音楽のような、不気味で霊的な雰囲気を作ります。フレイザーのアンニュイな歌声もエコー処理で余計に聞き取りづらい。どこか呪術的な雰囲気もあり、ダークな世界観を展開します。ジョイ・ディヴィジョンの影響を感じます。「Five Ten Fiftyfold」は3拍子のリズムで心地良く揺られます。しかし音像のはっきりしない、靄のかかったような音世界は、幻想的でありながらも暗闇を感じます。サックスやギター等が入り乱れるぼやけた空間の中で、ガスリーが担当するベースはずっしりと響き渡ります。「Sugar Hiccup」は比較的キャッチーで、初めて聴いたときに取っ付きやすさを感じた1曲です。フレイザーのアルト声による歌をフィーチャーしているからでしょうか、この初々しくてメランコリックな声質がたまらなく好みで魅力的です。反復されるメロディはキャッチーで心地良く、耳に残ります。サウンドも比較的ダークさが少なく聴きやすいですね。続く「In Our Angelhood」はスリリングな疾走曲。ゆったりとした楽曲の多いコクトー・ツインズではやや異色ですが、とても魅力的な1曲です。ポストパンク特有の強烈な緊迫感に溢れていて、焦燥感を煽るようなサウンドは心を不安定にさせ、そして影のあるメロディが突き刺さります。ファルセット混じりのサビはヒステリックで、それにエコー処理が加わりとてもスリリング。でもやみつきになる中毒性も持ち合わせています。「Glass Candle Grenades」も緊張が張り詰めるピリピリとしたサウンドです。ガスリーのギターは警告するかのように追い詰めてくるし、フレイザーの歌は内面から怒りが湧き上がるかのような雰囲気で、迫力のある楽曲です。
 アルバム後半に入り「In The Gold Dust Rush」はアコギをかき鳴らして、暗鬱ですがダークさは少しだけ薄れた感じがします。ネオアコに近づいているような感じ。フレイザーの歌声は緊迫感があり、それゆえに楽曲全体に緊張感が残りますが、反復する歌メロは妙に耳に残ります。「The Tinderbox (Of A Heart)」はリズムビートを強調した楽曲で、パーカッションなどアフリカ音楽の影響を微かに感じます。呪術的な歌メロは淡々としていて、更にヘッドフォンだと手前と奥で違う歌を重ねているように聞こえます。情報量の多さをエコーでぼやかして、全体的には不気味な儀式のような印象です。続く「Multifoiled」も民族音楽的ですが、まだ前曲に比べればキャッチーさがあって救いです(そこまでキャッチーではないですが)。前曲よりプリミティブな雰囲気ですが、どこかジャズっぽさも感じられます。「My Love Paramour」はノイジーなサウンドが暗く緊迫した雰囲気を作り、ベースがうねります。病んでしまいそうなサウンドのヘヴィさを、アンニュイな歌声が緩和してくれます。ラスト曲は「Musette And Drums」。はじめにガスリーの歪んだギターが響いて、ラストも緊迫した楽曲なのだと悟らせます。フレイザーの歌も焦燥感を煽り、追い詰めるかのようなサウンド。救いのないダークでスリリングな楽曲でアルバムを締め括ります。

 フレイザーの歌声は好みなのですが、前作同様のダークなサウンドと、そして全編に渡って張り詰めている凄まじい緊張感が、聴いているだけでメンタルをゴリゴリ削っていきます。初めて聴いたときには聴き通すのが辛かったのですが、そこかしこにあるフックがまた聴いてみたいと思わせ、気付けば虜になっていました。病みそうなサウンドですが、中毒性のあるスルメ盤だと思います。
 個人的に最愛のグループGARNET CROWを想起させる音楽性(というかボーカルの声質がよく似ているの)で、聴けば聴くほどに、ずぶずぶと本作の魅力に引きずり込まれています。

Heads Over Heels
Cocteau Twins
 

Treasure (トレジャー~神々が愛した女たち)

1984年 3rdアルバム

 サイモン・レイモンド(B)が加入した本作。神話に出てくる女神の名を各楽曲のタイトルに冠した本作は、コクトー・ツインズの名盤と名高い作品です。コクトー・ツインズによるセルフプロデュース。
 エリザベス・フレイザーはファルセットという武器を効果的に使うようになり、「天使の歌声」と称される極上のボーカルを披露します。とても美しい歌声です。

 オープニング曲は「Ivo」。フレイザーはファルセットによるふわっとした浮遊感のある声と、アルト音域のメランコリックな地声を使い分けていて、惹き込まれます。また前2作のような救いのないダークなサウンドは脱して、ロビン・ガスリーのアコギを中心に、爽やかさと幻想的な雰囲気を両立した心地良いサウンドを演じます。「Lorelei」は無機質なドラムを除けば、音像がぼやけて幻想的なサウンドや歌声は天にも昇れそうです。とても美しい楽曲です。「Beatrix」は少しダークな雰囲気。無機質で神秘的なキーボードに、レイモンドのはっきりとしたベースがダークな雰囲気を作ります。フレイザーのファルセット気味な歌声は厳かな雰囲気ですが、突如地声が出てくると雰囲気は一転して迫力満点です。「Persephone」は銃声のようなドラムが強烈。かき鳴らすギターはスミスっぽい気がします。民族音楽的な歌唱は独特でインパクトがあります。そして「Pandora (For Cindy)」は本作のハイライト。潤いのある優しいサウンド。そして水面に波紋が広がるのように、エコーで広がる麗しいボーカルがとても心地良いのです。楽曲自体はひたすら反復するだけの単調なものなのですが、あまりの美しさに心を奪われます。
 アルバム後半は「Amelia」で開幕。サウンドはそれなりに親しみやすさがあるのですが、陰りのあるメロディに、ファルセットによる掴みどころのない歌声と呪術的な地声が不穏な雰囲気を作ります。続く「Aloysius」は折り重なる繊細なギターサウンドに魅せられます。ノイジーで歪んだ前作までのサウンドとは大きく変わりましたね。また、天使のようなふわっとして優しい歌声も魅力的です。救いの1曲です。「Cicely」はリズムを強調した楽曲。淡々としていますが、オルガンが出てくる後半からはトリッキーなリズムを刻んで変化を見せます。「Otterley」は静かで神秘的な楽曲。海の中を漂うかのように、ゆったりと包み込むようなサウンドに、時折囁くような声がこだまします。最後は「Donimo」。賛美歌のような壮大な歌から、親しみやすいポップな楽曲になります。多重コーラスによる折り重なる歌声が素敵です。

 底無しの闇のようにダークな前2作に比べるとだいぶ親しみやすくなりました。メロディに影があるのは相変わらずですが、繊細なサウンドに美しい歌声で魅力的です。

Treasure
Cocteau Twins
 
 
 類似アーティストの開拓はこちらからどうぞ。