アーティスト一覧:Rock

レビュー作品数: 189
  

ロックのアーティスト一覧

ビートルズ

 ビートルズとメンバーのソロをこちらで纏めています。
 1957年に前身となるクオリーメンを結成し、1960年にビートルズに改名。メンバーチェンジを経てジョン・レノン(Vo/Gt)、ポール・マッカートニー(Vo/B)、ジョージ・ハリスン(Gt/Vo)、リンゴ・スター(Dr/Vo)の4人で1962年にレコードデビュー。ロックンロールで始まり、1970年の解散までに様々なジャンルを取り込み劇的な進化を遂げ、以降のポピュラー音楽を大きく変容させました。総売上枚数は推定10億枚以上で世界一を誇ります(※諸説あり)。
 

 
 

モッズ (Mod/Mods)

十和野ななね(Mods ver) 衣装:koyomiworks様、肌:NicorinSHOP様 1950年代後半〜1960年代中頃まで、英国の若者の間で流行った音楽やファッションを指します。髪を下ろしたモッズヘアーにミリタリーパーカー(モッズコート)を羽織るスタイル、スクーターを愛用するなどの特徴があります。モッズの若者達はR&Bやブルース、スカなどを好んで聴き、1960年代中頃にはスモール・フェイセズやザ・フーのようなパワーポップが支持されました。
 これの対極には革ジャン・革パンを着込んでバイクに乗り、ロカビリーやロックンロールを聴くロッカーズがあり、モッズとロッカーズはしばしば衝突していたそうです。

 
 

ブルースロック (Blues Rock)

 1960年代半ば頃に起こった音楽です。黒人の音楽だったブルースを白人がロック的なスタイルで演じたもので、エレキギターを持ち込んでバンド演奏で表現しました。米国南部11州出身の、より泥臭い演奏を行ったバンドを指してサザンロックとも呼んだりします。

[/su_column]
 
 

サイケデリックロック (Psychedelic Rock)

十和野ななね(Hippie ver) 衣装:夢箱堂様、piriod様、koyomiworks様、髪:~Starry Sea~☆彡様、Ruliyna Shop様、肌:NicorinSHOP様 1960年代後半に流行った音楽で、LSDを用いたドラッグ体験をもとに幻覚的な感覚を歪んだギター音などで表現しました。1967年に米国で起こった社会現象「サマー・オブ・ラブ」(大規模なヒッピームーブメント)と前後して、多くのバンドがサイケデリック化して大流行します。
 その後も数多くのロックジャンルに多大な影響を与え続け、ハードに進化したものがハードロック、即興的な長尺演奏を進化させたものがプログレッシヴロックに派生していきます。また1980年代初頭のネオサイケデリアや、1980年代末のマッドチェスターなどにもその影響が見られます。

 
 

フォークロック (Folk Rock) / カントリーロック (Country Rock)

 フォークロックとカントリーロックは、どちらも米国南部発祥の伝統音楽を祖に持つ音楽です。米国では白人保守層に圧倒的な人気を誇るカントリーミュージック。これをロックバンドが取り入れて融合させたのがカントリーロックで、1960年代から1970年代にかけて米国で流行しました。
 また、カントリーロックの流行に先駆けて人気を得たのがフォークロックです。こちらは社会批判や反戦といった政治色の強い歌詞が大きな特徴です。ベトナム戦争に対する反戦を契機に1960年代半ばに流行しました。

 
 

ロック (Rock)

 
 

グラムロック (Glam Rock)

 「グラマラスなロック」という意味の語で、1970年代前半~半ば頃まで英国で流行った音楽です。音楽性よりは、化粧をして中性的な格好をして歌うというそのルックスやパフォーマンスに特徴がありました。ヴィジュアル面でパンクロックやニューロマンティック、LAメタル等に影響を与え、また日本のヴィジュアル系の先駆けとも言われています。

 
 

AOR (Adult Contemporary / Soft Rock)

 元々は「Album-Oriented Rock (アルバム重視のロック)」の略称でしたが、日本では「Adult-Oriented Rock (大人向けの落ち着いた雰囲気を持つロック)」の略称として知られています。本項では後者のアーティストを分類しています。また日本でいうAORに相当するジャンルとして、海外では「アダルトコンテンポラリー」や「ソフトロック」と呼ばれます。
 1970年代半ば〜末頃にかけて形成され、1980年頃を境にポップ化を果たしたプログレハードバンド群の一部もAORとして扱われるようになります。

 
 

ロックの人気ランキング (月間)

 

@karasmarockをフォロー