アーティスト一覧:Others

レビュー作品数: 63
  

その他ジャンルのアーティスト一覧

 ロック以外の音楽をこちらで紹介します。
 

クラシック (Classical Music)

現代音楽 (Contemporary Classical Music)
 20世紀後半(第二次世界大戦後あたり)から現代に至るまでの音楽のうち、西洋クラシック音楽の流れを汲むものを指します。「現代」と付きますが、ジャズやロック、ポップス等は含みません。
 
 

ジャズ (Jazz)

ジャズボーカル
 ジャズの歌ものをこちらに纏めます。その歴史は古く、1920年代頃からジャズに合わせて歌う女性ジャズボーカリストが活躍しています。アドリブやスキャットを使いこなし楽器のように歌って個性を発揮するボーカリストや、ボサノバに乗せてポップスのように親しみ深い歌を披露するボーカリストなど様々です。
 
モダンジャズ (Modern Jazz)
 ビッグバンドによるダンス伴奏だったスイングジャズに代わり、小編成で、演奏者のテクニックやアドリブなどを聴くアート的な音楽へと昇華したものをモダンジャズと言います。1940年代以降から1960年代末のエレクトリックジャズが登場する直前までのジャズを指す幅広いジャンルで、ビバップ、クールジャズ、ハードパップ、モードジャズ等のサブジャンルを内包しています。
 
フュージョン (Jazz Fusion/Fusion)
 ジャズと、ロック等のポピュラー音楽との「融合(フュージョン)」を指す語です。1960年代後半からジャズと電気楽器の融合が試みられ、1970年代初頭にはソウルやラテン音楽と融合して「クロスオーバー」と呼ばれました。クロスオーバーが更に商業化され、1970年代半ば頃に「フュージョン」という名で定着します。
 
 

ポップ (Pop)

 
ソウル(Soul) / R&B
 R&Bはリズム・アンド・ブルースの略で、1940年代後半に生まれました。黒人音楽であるブルースやゴスペルに影響を受けた歌をリズムビートに乗せて歌いました。その中でもよりゴスペル色の強いものをソウル・ミュージックと呼びます。1980年代にはリズム・アンド・ブルースにポップやファンク、ヒップホップなどの要素が加わり、より洗練された「コンテンポラリー・R&B (単にR&Bとも)」と呼ばれるようになります。
 
J-POP
 日本のポピュラー音楽を指しますが、その言葉と概念は1989年頃に生まれました。ラジオ局J-WAVE主導で、洋楽に影響を受けた邦楽を「J-POP」とカテゴライズして発信したことに端を発します。大衆に浸透するのは1993年頃で、それまでの日本のポピュラー音楽を指す「歌謡曲」に取って代わってJ-POPが使われるようになりました。
 
 

ダンス (Dance)

 
 

ワールドミュージック (World Music)

 
 

サブカルチャー (Subculture)

 
ボーカロイド (VOCALOID) / ボカロ
 ヤマハの開発した音声合成ソフト「VOCALOID」をエンジンとして用いた製品群を指します。キャラクター性を加えて2007年にリリースされた、クリプトン・フューチャー・メディア社の「初音ミク」が特に有名ですが、「鏡音リン・レン」や「巡音ルカ」、「がくっぽいど」など様々な種類が存在します。
 これらボーカロイドを用いて作られた楽曲は、作詞作曲編曲等を行う通称「ボカロP」(P=プロデューサー)によってニコニコ動画等を通じて投稿され、ボカロブームを生み出しました。なおボカロ曲をカバーしニコニコ動画等に投稿するアマチュアボーカリストは「歌い手」とも呼ばれます。特に有名になったボカロPや歌い手はメジャーデビューを果たしていきます。
 
 

その他ジャンルの人気ランキング (月間)

 

@karasmarockをフォロー