アーティスト一覧:Progressive Rock

レビュー作品数: 200
  

プログレッシヴロックのアーティスト一覧

プログレッシヴロック (Progressive Rock/Prog Rock)

 
 
プログレ5大バンド:ピンク・フロイド
 
プログレ5大バンド:キング・クリムゾン
 キング・クリムゾンとそのファミリーをこちらで纏めています。
 『クリムゾン・キングの宮殿』で華々しくデビューするも直後に解散寸前に陥り、その後はロバート・フリップを中心にバンドを立て直し、1作毎にラインナップや音楽性を変えながら作品をリリース。高い演奏技術を背景にしたスリリングなインプロヴィゼーションを得意とし、プログレッシブな姿勢でコアなファンが多いです。
 
 
プログレ5大バンド:イエス
 イエスとそのファミリーをこちらで纏めています。
 メンバーの脱退と出戻りが頻繁ですが演奏水準は高く、1970年代は緊張感溢れる作品を数多くリリース。1980年に一旦解散後は、ハードポップ路線に180度転換して大復活を遂げますが、バンドの分裂や訴訟といったお家騒動で音楽も迷走。その後はプログレ路線に帰結して懐メロバンド化しています。
 
   
プログレ5大バンド:ジェネシス
 ジェネシスとそのファミリーをこちらで纏めています。
 演劇的なパフォーマンスと叙情的な音楽性で、プログレ界隈ではおそらく最もフォロワーの多いバンドです。ポップ化して商業的に大成功を収めたほか、本家以上に大成功したフィル・コリンズや、ワールドミュージックの先駆者ピーター・ガブリエルらを輩出、ファミリーの総売上ではプログレ界屈指の成績を誇ります。

 
 
プログレハード
 日本で呼ばれる呼称で、プログレとハードロックの中間的なサウンドを持つ音楽を指した言葉が「プログレハード」でした。
 なお「プログレハード」として活躍したバンドの多くが1970年代末頃に続々とポップ化して大成功を収めたことから、(プログレハードバンドと必ずしもイコールではないものの)音楽産業に寄ったバンドを批判する意味で「産業ロック」とも揶揄されました。
 
 
 
クラウトロック (Krautrock)
 
ユーロロック
 1970年代の、英国を除いたヨーロッパのロックバンドを指した和製英語です。英国プログレ勢に影響を受けたバンドを紹介する語として使われており、ユーロロック≒ヨーロッパ圏のプログレと考えてよいでしょう。各国ごとに「イタリアン・プログレ」、「フレンチ・プログレ」等と称することもあります。
 
 
ネオプログレッシヴロック (Neo-Progressive Rock/Neo-Prog)
 通称「ネオプログレ」。英国では1970年代後半にプログレは衰退しましたが、ニューウェイヴムーブメントに乗っかった新鋭バンドによって1980年代初頭に再興しました。1970年代プログレのような難解さはなく、メロディアスな音楽が特徴で、ジェネシスに影響を受けたバンドが多いです。
 1970年代のプログレと区別する否定的な意味でポンプロック(Pomp Rock=大仰なロック)と呼ばれることもあったようです。
 
 
 

プログレッシヴロックの人気ランキング (月間)

 

@karasmarockをフォロー