アーティスト一覧:Post-Punk/New Wave

レビュー作品数: 185
  

ポストパンク/ニューウェイヴのアーティスト一覧

ポストパンク (Post-Punk)

 
ゴシックロック (Gothic Rock) / ゴス (Goth)
 ゴシックロック(またはゴス)は、暗く陰鬱で、そして耽美な音楽を奏でました。ゴシック文学やホラー小説等の非現実的な世界観に影響を受け、それは音楽観だけでなく衣装にも表れており、ゴシックファッションなどサブカルチャーとしての影響も大きいです。
 また、ダークウェイヴとかポジティヴパンク(通称ポジパン)とも呼ばれます。後者は、同時代のパンクがより過激で攻撃的なハードコアパンクへと進化し、あまりにも破壊的でネガティブだったことから、「(ハードコアパンクに対して)ポジティブなパンク」とメディアがでっち上げた名称です。音楽的にはポジティブではなくネガティブですが…。
 
 
ネオサイケデリア (Neo-Psychedelia)
 通称ネオサイケ。1960年代末に流行ったサイケデリックロックのニューウェイヴ的再解釈といった感じで、幻覚的なサウンドを奏でました。
 
 
ネオアコースティック (Indie Pop / Sophisti-Pop)
 通称ネオアコの名で親しまれるこのジャンルは和製英語で、アコギや歪みの少ないギターを中心に、洗練され軽快なロックを奏でるバンドを欧米では「インディーポップ」と呼びます。中でもスミスの影響力は絶大で、この系統は後のインディーロック形成に大きな影響を与えています。またサックスや鍵盤も用いて、ジャズやソウル等を取り入れたオシャレなポップスもネオアコとして括られますが、これらは欧米では「ソフィスティポップ」とも呼ばれます。
 ネオアコはおおよそ1980年代半ばくらいまでのバンドを指す語として使われ、それ以降はギターポップとも呼ばれるようになりますが、厳密な区別はなくネオアコ/ギターポップと併記されることも多いです。1980年代後半以降に活躍したバンドはギターポップの項をご参照。
 
 
ワールドミュージック系
 これら一群を指す適切なジャンル名が見当たりませんが、ポストパンクバンドの中でもレゲエ(Reggae)、スカ(Ska)、ダブ(Dub)といったジャマイカ音楽や、中東音楽、アフリカ音楽などの非西洋的な音楽へのアプローチを行ったアーティストをこちらにカテゴライズします。
 
 
ポストパンク・リバイバル (Post-Punk Revival)
 2000年代初頭に起こったガレージロック・リバイバルに呼応し、2000年代半ば頃に起こったムーブメントです。1980年代のポストパンクバンドと類似する音楽性を持ったバンドが数多く登場し、ポストパンクが再来(リバイバル)しました。ガレージロック・リバイバルとポストパンク・リバイバルによって、当時衰退しつつあったロック界が再燃したため、2000年代の重要なムーブメントとして位置づけられています。
 
 
 

ニューウェイヴ (New Wave)

 
テクノポップ (Synthpop/Electropop)
 ドイツのクラフトワークらクラウトロック勢を祖に、ロックと電子音楽を融合して親しみやすいサウンドを展開したジャンルです。なお「テクノポップ」は日本での呼称で、海外だと「シンセポップ」、「エレクトロポップ(エレポップ)」と呼ばれます(米国デトロイト発の「テクノ」というジャンルもありますが、本項とは異なります)。
 
 
ニューロマンティック (New Romantics/New Romanticism)
 ニューロマンティクスとも呼ばれています。グラムロックに影響を受けた派手でけばけばしい化粧や、中世ヨーロッパ風の衣装などの独特のビジュアルで、MTVも相まって一大ムーブメントとなりました。米国進出を果たして第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンとも呼ばれるほど成功した、ニューウェイヴを代表するジャンルです。
 
 
ノーウェイヴ (No Wave)
 
 
 

ポストパンク/ニューウェイヴの人気ランキング (月間)

 

@karasmarockをフォロー