🇺🇸 Talking Heads (トーキング・ヘッズ)

レビュー作品数: 2
  

スタジオ盤

Talking Heads: 77 (サイコ・キラー'77)

1977年 1stアルバム

 トーキング・ヘッズは米国ニューヨーク出身のバンドです。メンバーが名門美術大学出身であることから「インテリバンド」とも称されています。NYパンク発祥のライブハウスCBGBで活動をはじめた彼ら。しかし後にアフリカンビートとロックの融合を成し遂げ、パンクの範疇を超えたポストパンク/ニューウェイヴバンドに位置づけられています。

 デヴィッド・バーン(Vo/Gt)、クリス・フランツ(Dr)、ティナ・ウェイマス(B)の3人でバンドを結成。1977年にジェリー・ハリスン(Key/Gt)が加わって、本作でメジャーデビューしました。本作は「Psycho Killer」を除いた全曲がデヴィッド・バーンによって作曲され、トニー・ボンジョヴィ、ランス・クインがプロデュース。本作に既にアフリカ音楽の影響が見られていて、ほんのりトロピカル感のあるロックといった印象です。アルバム全体ではぱっとする楽曲は比較的少ないのですが、将来性を見出だしたブライアン・イーノによってこの後その原石が磨かれて、バンドは飛躍的に成長することになります。
 本作のメインはやはり「Psycho Killer」でしょう。バーン、フランツ、ウェイマスの3人によって作曲されたこの楽曲は、狂気的で「サイコキラー ケセケッセー ファファファファーファファ…」というサビが強烈に耳に残ります。また、最終曲の「Pulled Up」も陽気でトロピカルなサウンドで楽しませてくれます。

 ただ、デヴィッド・バーンのボーカルが特徴的で、好みが分かれそうです。私は少し苦手だったり。

Talking Heads: 77 (Remastered & Expanded) (CD+DVDA)
Talking Heads
 

Remain In Light (リメイン・イン・ライト)

1980年 4thアルバム

 ロック界の名プロデューサー、ブライアン・イーノによってプロデュースされた、トーキング・ヘッズの傑作として名高い作品です。1980年代の名盤ランキング等では常にトップクラスの評価を受ける本作。ロックシーンに与えた影響は大きく、2000~2010年代のロックシーンを走るヴァンパイア・ウィークエンドにも本作の影響を感じます。

 本作はアフリカンリズムが強烈な1枚に仕上がっていて、1曲目の「Born Under Punches (The Heat Goes On)」から衝撃的です。アフロポップなパーカッションに、ファンクに強い影響を受けたベース。独特のリズム隊と、ギターが生み出す異様な緊張感。2曲目の「Crosseyed And Painless」も同様で、ひたすら同じリズムを反復するアフリカンなリズム隊が印象に残ります。「The Great Curve」でその緊張感はピークに達します。本作のハイライトはこの楽曲でしょう。中毒性の高いこの独特のリズムは耳に残るこの楽曲では、キング・クリムゾンのエイドリアン・ブリューもサポートメンバーとして参加し、ギターソロを披露しています。これら強烈な前半3曲に比べると、後半は若干弱めの印象です。

 正直デヴィッド・バーンのボーカルが苦手で、長らく苦手意識を持ち続けている作品です。それでいながらも、作品のインパクトや中毒性はとても強烈で、苦手意識を持ちながら時々聴いてしまうほど。このボーカルがすんなり入る人には、強烈な中毒性を持つとても魅力的な作品になることでしょう。

Remain In Light (Remastered & Expanded) (CD+DVDA)
Talking Heads
 
 
 類似アーティストの開拓はこちらからどうぞ。