🇯🇵 ゆらゆら帝国 (ゆらゆらていこく)

レビュー作品数: 2
  

スタジオ盤

3×3×3

1998年 4thアルバム

 ゆらゆら帝国(略称:ゆら帝)は日本のロックバンドです。活動は長く、1989年に坂本慎太郎(Vo/Gt)を中心に結成し、翌年には亀川千代(B)が加入。1991年にはインディーズ1stとなる『ゆらゆら帝国』をリリースし、メンバーチェンジを繰り返しながら活動を続け、1997年には現メンバーとなる柴田一郎(Dr)が加入しました。坂本、亀川、柴田のスリーピースバンドとして2010年の解散までこのラインナップで活動を続けることになります。
 本作はメジャー進出後の1stアルバムで、インディーズ含めると通算4枚目となります。

 オープニングを飾る「わかってほしい」。ノイジーな爆音イントロと、スッカスカの歌パートのあまりのギャップに驚かされます。シンプルな演奏とヘタウマな歌は1970年代、昭和の香りが漂いますが、この独特のノリが気持ち良い。続いて「昆虫ロック」。亀川のベースラインが心地良いですが、これも時代にそぐわないオールドロック的なアプローチを行っています。「ユラユラウゴク」は9分に及ぶ楽曲です。坂本のスライドギターがまったりとしたムードを演出。起伏の少ない展開で、ノスタルジックな歌がゆらゆら揺さぶるような感覚です。後半からキーンと高音ノイズが耳をつんざくものの、楽曲は変わらずまったりしています。「ドックンドール」はシンプルなリフにベースとドラムが心地良いノリを生み出し、そして1970年前後のロックのような懐かしさを覚えます。ポップだけど脱力気味な歌もゆるくて魅力的。「発光体」はメジャーデビューシングル曲で、騒がしくノイジーなロックンロールです。荒々しいギターに、大きく動くグルーヴィなベースが特徴的ですね。続いて「つきぬけた」は僅か1分の超高速なガレージロック。パンキッシュで荒々しく、スカッと爽快です。「アイツのテーマ」は、「バットマンのテーマ」とか、昔のヒーローものを連想させるような古臭くも躍動感ある演奏が繰り広げられます。でも歌われている内容は消極的な君についてで、演奏とはギャップがありますね。タイトル曲「3×3×3」は、淡々と反復する演奏に、渋い声によるポエトリーリーディングで始まります。渋い歌声が近くで、シャウト気味の歌声が遠くから聞こえ、そして淡々とした演奏は徐々にノリが良くなっていき、いつの間にか強いトリップ感を生み出しています。「タートル・トーク」はややサイケ感のあるインストゥルメンタル。リズミカルなドラムに歌うようなベース、まどろむようなギターが幻覚的で心地良い世界へ連れて行ってくれます。そして9分超の楽曲「EVIL CAR」。ゆったりとして陽炎のように揺らめくような演奏と、渋いボーカルスタイルで歌を聴かせます。3分半くらいからテンポアップして、サイケや黎明期ハードロックのように混沌としてノイジー、そしてスリリングな演奏を延々展開します。騒がしいギターの後ろで淡々と同じフレーズを繰り返すベースが中々心地良い。終盤に落ち着いた演奏と渋い歌が戻ってきて終了。最後は「パーティはやらない」。スローテンポで、メロウで落ち着いた演奏と歌には渋い哀愁が漂います。最後に転調してメロディアスな印象で終わります。

 サイケだったり古いロックンロールを奏でたりとレトロ全開で、平成の作品なのに昭和の香りがプンプン漂います。中々個性的です。

3×3×3
ゆらゆら帝国
 
ミーのカー

1999年 5thアルバム

 メジャー2作目となる本作は72分の大ボリュームですが、タイトル曲「ミーのカー」が実に25分半にも渡る大作です。前作よりもガレージロック色を増し、ヒリヒリとしたスリリングな楽曲を繰り広げます。

 「うそが本当に」でアルバムの幕開け。シンプルなサウンドに鉄琴のようなキラキラした音を乗せ、呟くように静かに歌います。ややダウナーで素朴な楽曲です。続く「ズックにロック」は2ndシングルで、ガレージロックのようにノイジーなロックンロールを繰り広げます。坂本慎太郎の荒っぽいギターと、亀川千代の骨太なベースを中心に、ヒリヒリとしたスリリングな演奏を披露。歌も時折ヤケクソなシャウトがあったり激しいです。「アーモンドのチョコレート」はリズミカルな演奏でノリが良いですが、ギターはカミソリのように鋭利で、若干の音質の悪さがキレを鋭くしています。カッコ良いですね。「午前3時のファズギター」はサイケのような気だるい演奏に、低音の渋い声で呟くように歌います。そして間奏では豹変し、恐ろしくノイジーで暴力的なギターをかき鳴らしますが、さながらストゥージズのよう。「ボーンズ」はレトロで哀愁が漂う名曲です。渋くてメロディアスな楽曲は胸に染み入りますが、歌詞は不気味です。「人間やめときな’99」はサイケやガレージロックのような楽曲で、坂本の荒くつんざくようなギターがスリリングです。また、行進するかのように力強い柴田一郎のドラムは時折激しく荒れます。暴力的でカッコ良い。「ハチとミツ」はシンプルなロックンロールですが、スカスカな音ゆえに鋭いギターや心地良いベースがよく響きます。「悪魔がぼくを」は1999年の作品とは思えない古臭さがありますが、ヘヴィかつ気だるい独特のノリが心地良い。続く「太陽のうそつき」はインディーズ時代の楽曲を再録。荒っぽいギターによるシンプルなリフが印象的で、そして奇妙に色っぽく「太陽のうそつき 青空のうそつき」と歌う独特の展開も耳に残ります。まったりとメロウな「星ふたつ」は7分半に渡る楽曲です。起伏は少ないですが、全編を通して幻覚的に揺らめくギターの音色に癒やされます。綺麗な楽曲の次は、黎明期の原始ハードロックのような泥臭い「19か20」。これも7分近くあります。ブルージーでハードなギターを軸に据えた渋くヘヴィな楽曲で、うねるベースやヘヴィなドラムも炸裂、投げやりな歌い方もカッコ良い。中盤から更にヘヴィさを増し、スリリングな楽曲で楽しませてくれます。そして最後に25分を超えるタイトル曲「ミーのカー (LONG VERSION)」。シンプルかつ若干サイケな感覚を持つギターに心地良く低音を奏でるベース、淡々とリズムを刻むドラム。これらが単調に反復する演奏で別世界へと連れ去ろうとするので、ピンク・フロイドの「Echoes」を武骨にサイケに仕立てたような印象を抱きました。淡々とした演奏が主体で、歌はあるのですが耳馴染みの良い効果音のように演奏に埋もれています。派手さはないし楽曲の緩急もあまりないのですが、長さが不思議と苦にならず、終始心地良いトリップ感で楽しませてくれます。15分過ぎからドラムがいなくなり、歌をひたすら反復。サイケデリックな酔いそうな感覚を見せた後、淡々とした演奏と歌が戻ってきますが、歌は英語詞に変わっていたり、ギターがより幻覚的な音色を見せたりと変わっています。そして終盤に向けて徐々に緊張を高め、緊張を少し緩めて浮遊感漂う幻覚を見せます。

 1970年の作品と言われても違和感のない作風で、相変わらず癖が強いですが、明るくノリの良いロックンロールが増えて取っつきやすさが増しました。

ミーのカー
ゆらゆら帝国
 

 
 類似アーティストの開拓はこちらからどうぞ。

 
@karasmarockをフォロー